長靴に名前がある時の消し方について!

長靴は子供なら雨の日によく使うものです。

それに子供が小さいとすぐにお大きくなり身につける物のサイズが合わなくなりやすいでしょう。

長靴が使う期間が短かったりするお下がりとして再利用をする場合も多いでしょう。

今回紹介したいのは長靴の名前を消す方法についてです。

お下がりや書き間違えなどで長靴の外側や内側に書いた名前の消し方についてです。

消しきれないときの対処法もあります。

しっかりと対処して気持ちよく使えるようにしていきましょう。

続きを読む

スマホケースが黒ずみがある時の素材別の落とし方!

スマホケースは日々使うので汚れやすいです。

気が付かないうちに黒ずみが発生している場合もあります。

今回紹介したいのはスマホケースの黒ずみの落とし方や黒ずみ対策、使えそうな道具を紹介します。

使っているスマホケースをキレイにしてキレイにして木道よく使えるようにしていきましょう。

続きを読む

ソファーについたボールペンインクの落とし 方!

突発的に小さなお子さんがいると、色んな所に書いてしまうことがあるでしょう。

それで落とすとなると手間がかかります。

今回紹介したいのはソファーにボールペンで書いてしまった時の落とし方についてです。

家に身近にあったりドラックストアなどで買える物を多くあります。

小さなお子さんがソファーにボールペンで書いても落とすのが面倒という気持ちを軽くできるでしょう。

続きを読む

珪藻土ボードなどキッチンで使っていてカビの対処について!

珪藻土のボードなどはキッチンなどの水場で便利です。

そんな珪藻土は吸水性や速乾性に優れています。

でも使っているとカビが発生してしまうこともあります。

今回紹介したいのは

  • キッチンで使っている珪藻土ボードにカビが発生した時の対応
  • キッチンでシミや臭いの原因とカビの発生について
  • キッチンで使う珪藻土ボードなどを捨てる方法

についてです。

続きを読む

珪藻土の物が使えなくなった時の捨て方について!

珪藻土を使ったバスマットやコースターがあります。

コースターなら100円ショップでも買うことができるくらい手軽なものです。

吸水性や速乾性が優れているので多少濡れても大丈夫です。

 

でも水分が多すぎたりするとカビが発生したりすることもあります。

削った粉やホコリなどで吸水性や速乾性が悪くなったりした状態になったりします。

やすりで削るのが面倒になったり、立てかけていたり段差のあるところに置いていると割れたりすることがあります。

 

そういったときにもう捨てようと思うことでしょう。

今回紹介したいのは珪藻土バスマットなどを捨てたい時に知っておきたいことについてです。

分別やちょうどよい大きさにするために割る、割った後の再利用についてです。

続きを読む

珪藻土のバスマットにカビがある時にやすりを使った手入れのやり方!

珪藻土のバスマットは便利ですよね!

風呂上がりに吸収してくれるので家族が多いほどに使えます。

 

特に効率よく間を開けずに風呂に入っても気持ちよく使うことができる。

ぬれたバスマットで足を冷やすことがありません。

 

ですが長く使っているとカビが発生していて珪藻土バスマットが黒ずんでいたりすることがあります。

今回紹介したいのは、

珪藻土バスマットにカビ発生した時にヤスリを使うパターン、

カビ発生対策の定期的な手入れ法

やすりの選び方や気をつけたいことについてです。

続きを読む

油性ペンの落とし方について靴の場合は?

子供用の靴だったら名前を書いたりすることもあります。

それ以外にも偶然にも汚れてしまうこともあるでしょう。

今回紹介したいのは油性ペンの汚れが靴の時の落とし方についてです。

落とす時には革だったりゴム製だったり汚れている場所によって落とし方も変わります。

しっかりと落として気持ちよく使えるようにしましょう。

続きを読む

ボールペン汚れと消す時に知っておきたいこと素材別について!

ボールペン汚れは思わない時に汚れてしまいます。

勢い余ってはみ出てしまったり、子供がいたずらで書いてしまったりと色々あります。

ですから今回はボールペン汚れを消したい時に知っておきたいことを紹介します。

ボールペン汚れを落とそうとして悪化させないように気をつけてましょう。

続きを読む

ボールペンで汚れた机などの木製だった時に知っておきたい方法!

ボールペンを使っているとはみ出てしまったりして机が汚れてしまうことがあります。

汚れるのは気になるあたりが汚れてしまうことでしょう。

机は木製なので色的にも目立ってしまいます。

今回紹介したいのはボールペンの汚れが机だった時の落とし方についてです。

ボールペン汚れを落として集中できるようにしっかりと落としていきましょう。

続きを読む